逆SEOサーバー(IPアドレス分散サーバー網)を構築する方法・やり方について解説します。ビジネス向けの逆SEO対策では、ネガティブサイト(誹謗中傷サイト)よりも優れた内容のWEBサイトを多数作り、その一つ一つを検索上位にランクインさせます。それぞれのサイトは、別々のIPアドレスを持つサーバーでなければなりません。

最低でも10分散

逆SEO対策の目的は、ネガティブサイトの順位を、「少なくとも1ページ下」げることです。

Google(グーグル)などの検索サイトにおいて、検索結果1ページには10のサイトあります。このため、逆SEOを成功さるためには、少なくともWEBページが10個以上必要です。さらに、それぞれのWEBページを公開するためのサーバーも、10個以上必要だということになります。

サーバーの条件

サーバーを10個以上そろえるにあたり、必須となる条件があります。それは、各サーバーのIPアドレスが、Cクラス以上で分散させていることです。

分散させる理由

逆SEOでサーバーのIPアドレスを分散させる理由は何でしょうか。それは、同じサーバーにいくつもサイトを作っても、効果が低いためです。

Google(グーグル)は、サーバーが同じなら「同じ仲間のサイト」「同じグループのサイト」と判断されるからです。Google(グーグル)の理屈では、「同じ仲間なのであれば、そのうちの一つだけを代表で1ページ目に載せとけばいいや!」となります。

サーバーが仲間かどうかを判断する基準が、IPアドレスです。

リンク元もIP分散

逆SEOにおいては、上位表示させるサイトだけでなく、リンク元のIPアドレスを分散させる必要があります。

同じIPアドレス同士でリンクを張っても、Google(グーグル)からすると「あっ、これは仲間うちのヤラセだな!」と判断されてしまうからです。

このため、企業向け逆SEOを本格的に行う場合は、合計で50以上の分散サーバーが必要になります。

IPアドレスのCクラスとは

ではここで、IPアドレスのCクラスについて説明します。

Cクラスとは、IPアドレスの左から「3ブロック目」です。

IPアドレス

このCクラス以上が異なっていることが大事です。Dクラスだけ異なっていてもダメです。

AクラスやBクラスが異なっていれば、それだけでOKです。

Aクラス
Bクラス 都道府県
Cクラス 市町村
Dクラス 町名

以上の例を使うと、「町名」だけ違っていてもダメだということです。

逆SEOサーバー網の構築の方法(やり方)

逆SEOサーバー網を構築させる方法・やり方としては、既存のレンタルサーバーやホスティング業者を上手に活用することがコツになります。多数の業者やサービスを組み合わせることによって、自らのサーバー網を構築します。

安定性やスピードも重要

逆SEOサーバーでは、安定性やスピードも重要です。すぐダウンするようなサーバーは、Googleからの評価が低くなります。またサイトの表示までに時間がかかるような遅いサーバーや重いサーバーは、Googleに嫌われます。

「IP分散サーバー業者」を使わない

IP分散サーバーを専門とする業者は利用しないほうが得策です。

IP分散サーバーは、スパム的なWEB業者やSEO業者が使っている

IP分散サーバーの欠点の一つは、スパム的なSEO業者が使っているということです。スパム業者は、自動生成の無意味なサイトを大量につくったりします。

そのようなスパム行為が、サーバーに負荷をかけます。その結果、IPアドレス分散サーバーは、障害が起きやすくなるのです。

123サーバー

IPアドレス分散の業者の一つに、123サーバーがあります。123サーバーには以下の特徴があります。

  • ・すぐダウンする。
  • ・十分な予告や告知をせずにサーバーを止める。
  • ・勝手にIPアドレスを変える。

123Server株式会社の口コミ・レビュー・評判の例

「契約中のサーバーが、数週間の長期にわたってダウンしたままだ。

しかも、1個ではなく、何個もダウンしている。問い合わせしても、全く反応なし。

障害が起きた等の連絡も、一切ない。これまでも、サーバーがいつの間にかダウンしていることが何度もあった。その際にも、連絡等はなかった。 会社として崩壊している」

年月をかけて構築

優れた逆SEOサーバー網は、年月をかけて自ら構築させていくのがベストです。

IPアドレスの割り当てのルールは厳格です。だから、一つの業者に依存していては、なかなか増やすことはできません。いろいろな組織(サーバー業者)を活用しながら、年月をかけて構築していくのです。

また、一部の特定の業者だけが用意した「分散」はクオリティに問題がある場合が多いです。自分で工夫しながら、手作りの分散を実現しましょう。

多様性を獲得

「分散専門」のサーバー業者の場合、IPアドレスが分散されても、お互いに類似性が出てしまいます。ネームサーバーや仕様なども、ほぼ同じです。

これに対して、複数の業者を活用した分散サーバーであれば、高レベルでのサーバー網の多様性を獲得することができます。

信頼できる良いサーバーを厳選する

年月をかけてサーバーを利用することで、信頼のできるサーバー業者を選び抜くことができます。

各サーバー業者の真の評価というものは、年月をかけなけて実際に使ってみなければ、分かりません。まさに長年の経験がモノを言う世界です。

WEB広報の「分散サーバー網」

WEB広報は創業以来、自前で分散サーバーの構築に取り組んでまいりました。

その結果、極めて高度に多様化された分散サーバーネットワークを実現しました。

あくまで「裏方」

とはいえ、逆SEOにおいて、サーバーは、あくまで「裏方」です。

最も重要なのは、コンテンツです。

すなわち、「文章」がメインです。

そのコンテンツを生かすために、補佐役として分散サーバーを使います。

その上下関係を見誤らないようにしましょう。

まずはコンテンツありき、だということです。

IP分散するのは、コンテンツそろえてから

サーバーのIP分散を行うのは、コンテンツそろえてからです。

たいていの人は、コンテンツがそろわずに終わってしまいます。コンテンツが一番難しいからです。

しかし、その難しさはあまり理解されていません。

「1円ライター」

その背景には「1円ライター」の存在があります。

1円ライターとは、「1文字あたり1円(文字単価1円)」で受注する格安のライターのことです。

主にクラウド市場などで活躍されています。フリーランスや主婦、副業の方々が多いです。

コンテンツ制作側は「1円ライターに依頼すれば、安くコンテンツが作れる」と考えています。

しかし、実際にはそうはいきません。

逆SEOで必要になるコンテンツは、質やオリジナリティがたいへん高い「高級文章」です。

高級文章でなければ、Google(グーグル)を納得させることはできません。

ネガティヴサイトの検索順位を大きく下げることはできません。

コンテンツという難関を突破してから

サーバー網をそろえるのは、コンテンツという難関を突破してからのほうがいいでしょう。

そうしないと、せっかくのサーバー網が、宝の持ち腐れになる恐れがあります。

まとめ

サーバーと逆SEOは、実は深い関係があります。逆SEO対策を成功させるためには、多様なIPアドレスを持つサーバーを使う必要があります。それぞれのIPアドレスがCクラス以上で分散されていなければなりません。

問い合わせ

↑ ページの一番上に戻る

株式会社WEB広報

<東京本社>
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-15 4F
03-6869-9388

   <ネット中傷対策相談センター>
〒105-0011 東京都港区芝公園2-10-5 シグマ浜松町ビル4F
地図→

Copyright©株式会社WEB広報